ゲーム作りは終わらない、
憧れの職業であるために学び続ける
S.K.シニア3Dアーティスト | 2013年度新卒入社
Profile

総合大学在学中にアニメーション制作の魅力に触れ、2D/3D問わず作品作りの日々を送る。就職活動にあたり、改めてものをつくることを仕事にしたいと一念発起し、界グラフィックスに内定。

就活で重視していたポイントと、
界グラフィックスに入社した理由を教えてください。

自分のスキルを活かせることと、ものづくりに携わることができること。これが働く場所を選ぶにあたって外せない要点であり、私がこの仕事を続ける理由です。
入社当時は同期もおらず、たった1人の女性社員で不安なことも。ですが、いつも気遣ってくれる上司や先輩がいて、この吹き抜け社屋が示すように相談しやすい風通しのよさに助けられてきました。描く絵は十人十色だし、趣味やライフスタイル、何をとっても個性豊かなエキスパートたちが、適材適所で最良のパフォーマンスを発揮しているので、私も現状に甘んじることなく努力しなければ!と刺激を受け続けています。

今、どのようなお仕事をされているのでしょうか?

ゲーム画面を華やかに演出する、モーションやエフェクトづくり全般に携わっていますテロップや演出を加え、楽しく視聴できるような動画編集も私の仕事。知識を貪欲に増やしていたら扱えるソフトも増えて、指導を任されることもあります。
3dsMaxでアニメーションをつけるのに必要な骨組みを入れるセットアップやキャラクターに魅力的な動きをつけるモーション制作は、クリエイターの腕の見せどころ。エフェクトはゲームのワクワク感を盛り上げるものですが、スマートフォンのアプリゲームだと容量制限が厳しいので、最小リソースで最大効果を狙うのが工夫のしどころです。
最近ではエンジニアのスタッフから教えてもらって、作業効率をアップするツールを作ることもあるんです。自分の業務だけにとどまらず、デザインやプログラムまで幅広く仕事の内容を知ることで、各業務の架け橋になれるテクニカルアーティストとして成長していけたらと思っています。

今後、どんな未来を描いてますか?

私にとって界グラフィックスでの日々は、永遠に続くRPGゲームのようだと感じています。会社というパーティーに入り、スキルを磨き、経験値を上げる。時に仲間に助けられ乗り越えることもあれば、ミスをしてしまう時もあるけれど、仲間と一緒に良いグラフィックをつくりたいという目標に向けて、自分にできることを一生懸命プレイしています。才能にあふれる人たちの中で、凡庸な私はどうすれば生き残り、パーティーに貢献できるのかと、くじけそうな時もあります。でも気づけば身体が動き、流れの早い業界で新しい知識を求めている。きっと何年経ってもこの仕事をどう攻略してやろうかと楽しんでいることでしょう。
ゲーム開発やグラフィック制作はなりたい職業ランキングでは常に上位にいて、夢を持って挑戦する方がたくさんいます。自分の仕事を通じて誰かの「楽しい」を創造し、働き方も含め、憧れ続けられる姿を見せられたら良いなと思います。

1日のスケジュール ※在宅勤務時の1日のスケジュールです。

9:00 起床。掃除や洗濯などの家事からはじまります。
10:00 オンラインで朝礼。業務開始。スタンディングデスクなので朝から冴えます。
13:00 昼休みは夕飯の買い出しや仕込みをしながら昼食をとります。
14:00 業務再開。おいしい紅茶がお供です。
15:30 洗濯物を取り込みます。身体を動かすのは大切!
19:30 進捗次第で多少前後します。
20:30 夕食。自炊力が向上しました(笑)
21:00 自由時間。アニメを見たり、オンラインで友人とおしゃべり。
22:00 入浴後、ストレッチなど。
24:00 就寝。早ければこの時間。うっかり夜ふかしはやりがち…。