未経験で飛び込んだ3Dの世界
がんばる人に手を差し伸べられる人へ
A.N.3DCGデザイナー | 2018年度キャリア入社
Profile

大阪の専門学校でCGを学び、遊技機の映像会社へ。映像やアニメーション、3Dデザイン制作を担当。専門学校で講師アシスタントする中、界グラフィックスの説明会にポートフォリオを持ち込んだことをきっかけに入社。

就活で重視していたポイントと、
界グラフィックスに入社した理由を教えてください。

界グラフィックスのことを知ったのは、専門学校で講師アシスタントをしていた時、先生に「京都のゲーム会社の会社説明会があるよ」と界グラフィックスを紹介してもらったのがきっかけです。
専門学校を卒業してすぐは映像制作の仕事をしていたのですが、ゲーム業界への憧れが捨てきれなくて転職先を探していました。でもゲームを仕事にしたいなら3DCG技術は欠かせないし、勉強しなきゃ…と考えていた矢先のこと。当時の私は2DCGを得意としていて、前職の仕事もそちらがメインだったので3Dはほぼ初心者でした。それでも問題ないからと誘ってもらって、実際入社後は先輩方に優しく丁寧に教えてもらいました。どれだけ質問しても嫌な顔をされない社内の雰囲気もとても良いです。
私が入社したあとも社内ではいろいろな取り組みやルールが次々整っていて、どんどん過ごしやすい環境になっているなと実感しています。

今、どのようなお仕事をされているのでしょうか?

3dsMaxを使ったモーションと、Unityでのエフェクト制作がメインです。
キャラクターが技を繰り出すときのモーションを主に3dsMaxで作り、Unityでは作ったモーションにエフェクトを付けて仕上げます。どちらも入社してからほぼ初めて触ったので、まだまだ全ての作業が勉強だと思いながら作っています。他にはゲームグラフィックに不備がないかのチェックや修正対応、武器・装備デザインなども対応させてもらっています。

今後、どんな未来を描いてますか?

子供から大人まで幅広いユーザーさんが手に取ってもらえるような、沢山のゲーム開発に携わりたいです!そのためには私にはまだ身に付けなければならないスキルもたくさんありますし、センスももっと磨きたい。ですから「やってみたい!」と思ったことに飛び込むことや、周りの手を借りることを恐れないことが大切だと考えています。特にゲーム業界はとトレンドが目まぐるしく変わるので、尻込みしたり一人でなんとかしようとしたりするだけではついていけないと感じます。
そして未経験で入った私がそうしてもらったように、頑張っている人には常に手を差し伸べられる人でありたいと思っています。まずは全ての仕事のクオリティを上げ、「あなたに任せたい」と言われるようにこれからもやっていきます!

1日のスケジュール

8:00 起床。
9:40 出社。大阪から通勤しているので、家から会社まで1時間くらい。
10:00 恒例の掃除タイムが終わったら、業務を始めます。
13:00 ランチは社員食堂へ。飲食店は周りに多くありますが、食堂のご飯が美味しくて大好きです!
13:40 オフィスに戻ったら皆でゲームしたりお喋りしたり…。
14:00 午後業務開始。集中力が切れてくると席を立って体を伸ばしたり、おやつを食べます!
19:00 日報を書き、今日の作業を振り返って明日の作業見積もりをイメージします。
19:30 仕事のキリが良ければこれくらいで退社。腕がノッていたら満足するまでやり切ってしまう事も…
21:00 帰宅。すぐ飲み物持ってお風呂に入ってスマホでYoutubeを観ます。
22:30 まったり休憩した後、ゲームか、趣味の絵を描いたり動画を作ったりします。
25:00 就寝。いつも気づくとこんな時間!なので、もっと早く寝たいと思う毎日です。